FC2ブログ

えべっさん

 広島市内の三大寺社祭りに「えびす講」という祭りがあります。今年度は11月17日から4日間開催されていて、私もその傍を通って雰囲気を味わうことにしました。胡子神社がある通りを「えびす通り」といい、その辺りから露店が連なっていました。平日の午前中でしたが、もう店を開いている露店もありました。胡子神社では商売繁盛の縁起物が飾られた熊手(こまざらえ)を発売するとともに、えびす通り商店街では胡子講の開催に合わせて大売り出しが行われます。周辺の商店やデパート(福屋や三越、天満屋等)では、一斉にバーゲンが行われ、中央通りが歩行者天国となり期間中は10万人以上の人手で賑わうようですね。
20191119ola1.jpg

紅葉に染まった街並みを時速14キロほどでのんびりとポタりました。今日は無口です・・・
走行距離・・・32.91km  最大心拍数・・・121


スポンサーサイト



紅葉を眺めながら隠地神社へと走った

 自転車に乗っていて以前から思っていることがある。それは自転車に乗っている時、人はたぶん不機嫌ではないということだ。少し大げさに思われるかもしれないが、すれ違うチャリダーは笑顔である確率が低くない。自動車を運転していて不機嫌な人ほど自転車に乗っていて不機嫌な人はいない。天気の良い日にどこへ行くかは知らないけれど、自分の脚でペダルを回しているという運動は人を笑顔にする。アイ ラブ バイシクル!! 

 私にしては珍しく、前日の晩に明日のライドの計画を立てた。目的地は太田川を北上して可部地区の辺りから深川(ふかわ)へと続く道へと入り、JR芸備線の中深川駅を過ぎたほどから、小さな川を上っていく。 隠地神社と書いて(オンチジンジャ)と読む。

 午前9時半頃に家を出た。漕ぎ始めた時、気温の低さにもう一枚ウィンドブレーカーを羽織ってくれば良かったと後悔した。いつもとは違う道筋でタリーズへと向かう。 幼稚園バスが園児を迎えに停車している。「おはようございます。」と行儀よく挨拶を先生にしてお辞儀をする姿がとてもかわいらしい。 平和公園へと入ると木々達が微妙な具合で紅葉している。「おっ・・・紅葉してるね!」というよりも「もう少しかな~」と言った具合だ。

 今ハマっているYouTube動画は1991年の日本公演・モスクワ放送交響楽団のハチャトゥリアン作曲のレスギンカだ。指揮はフェドセーエフ。 テンポが快速で気持ちが良いのと、なにより演奏にパッションがあると思う。プロの奏者が楽しそうに演奏している姿を見るのはワクワクする。

 「今日はトイレが近いなぁー」 歳のせいではなくて寒いから。何度かコンビニエンスストアで休憩を入れて目的地に近づいた。石造りの鳥居が見えて、ココだと確信する。自転車を適当な所へ止めて、徒歩で長い石段を登った。鬱蒼とした木々に囲まれて拝殿がある。御由緒書きも賽銭箱もなくて、ただ御社がある。
20191114fsd3.jpg

 二拝二拍手一拝でお参りさせて頂いた。派手さのない素朴な神社だったけれども、何かしらのパワーを感じた。

 昼飯は何か暖かいものをと「丸亀製麺」でかけうどんを食べることにした。 駐輪していた場所が見えない席だったので、ソワソワしながら啜った。 帰りは違う道、平均速度15キロほどで、遠くの山々をよそ見しながら流した。

走行距離・・・51.01km  最大心拍数・・・114






 

禍福は・・・

 普段同じような日々を送っていて、日記などつけていると、どうも今日は意外なことが多く起きるなと思う時がある。言えばその日が昨日から今日にかけてだった。帰り道、丸々と肥えた猪が前を横切っていていったり、朝起きてポタリングに出ようとすると愛車のDSの前輪がパンクしてたり・・・うぅ・・・っ  しょうがないとFXに空気を充填して出かけた。ザックにはカメラと共に文庫本を一冊。タリーズでコーヒーを飲みながらいつものように地図をめくる。今いる場所から北西廻りでホームコースへと入る計画にしてからカレー屋に向かう。いつもの看板店員さんが笑顔で迎えてくれた。最近、高圧的な人との交わりが多く、心がささくれだっているようで・・・何か疲れている。別に大して言葉を交わすわけでもないけれど、気持ちは伝わるもので、この瞬間だけは癒される。自分も誰かにとってそんな存在でありたいなとか思ったり・・・
 計画通りのコースで北西へと向かった。途中、主治医の居る自転車店に立ち寄り、パンクの事を伝えると「おそらくチューブ交換だけで行けると思いますが、タイヤも在庫しているので大丈夫ですよ。都合のいい時に前輪外して持ってきてください」と相談に乗って頂いた。その後、しばらく川沿いの道を快走。しかし安佐南区大町(おおまち)付近で、気が変わり、舵を自宅へと切った。単純に気が乗らなかった。まぁーそんな日もあるか。今日の自転車、FXはDSに比べて平均速度が1kmくらい上がる。車重とタイヤの細さが影響している。フィットネスバイクとしてはFXは秀逸だと思う。
20191111kos1.jpg
 写真は以前立ち寄った広島市南区仁保にある西福寺という浄土真宗のお寺だ。 帰宅後、パンクしたDSを車体のまま自転車店に持ち込み修理して頂いた。結局、ガラス片が刺さっていてチューブまで貫通していたようだ。タイヤは生きているのでチューブ交換だけで済んだ。一見アンラッキーだけど、自宅で発見したことは幸いという思考回路に変換することにする。

 家に帰って一息ついて、会社に行けって言われているインフルエンザワクチン接種に近くの内科へと行った。3700円なり。補助が3000円出るから実費は700円だ。 お疲れ・・・自分。




くっすん大黒

 今月1冊目の本を読み終えました。「くっすん大黒」町田康・著 文春文庫です。読み始めから「なんという個性的な文体なのだ!」と驚きがありました。ストーリーの流れは掴みにくいわけではないのですが、いい意味で「イッチャッテる」のです。登場人物の会話のテンポも超速で、ユーモアがあり、笑えるかも・・・かもと言ったのは私個人のツボではないので。この作家さん、2000年に「きれぎれ」という作品で芥川賞を受賞されてます。いつも思うのですが、直木賞に比べて芥川賞の作家は灰汁が強い~。私のお気に入りの西村賢太氏、田中慎弥氏も超個性的。まだ一作だけしか読んでいませんが、町田ワールドにはついていけない自分が居ます。また出会いがあれば、他の作品も読むかな~いや~読まんだろう~。
20191106jwo1.jpg
さぁー明日から仕事が繁忙期に入ります。。。憂鬱ではありますが気合を入れなきゃな!


一の滝寺

 平日の休み、私は一人で遊ぶ。そして休日の休み、私は独りで遊ぶ。



 玄関の前で小さな子が父親を急かすように笑顔で呼びかけている。平日は仕事で忙しいパパが子供の為に優しいパパになる日曜日。私はヘンテコな大人になってしまったと最近思う。愛する妻もいなければ子供もいない。休日の休みは「独」と言う字が立体的に浮かび上がるようで・・・まぁー前回の赤い日はのんびりとしていて良いかなと思っていたわけだから、今日の自分がいかにネガティブかがわかる。
 そんな私の気持ちのように今日はどんよりと曇っていた。昨日の予報では今日は晴れ時々曇りで30%ほどの降水確率だから、それを信じてロングライドをすることにした。8時半に家を出て最初のコンビニでサンドウィッチを頬張る。宮島へと近づくとさすがに三連休の中日ということもあり、多くの車が連なっていた。宮島という一点に向かって円錐の中の砂のようだと思った。そんな混雑を横目に私の自転車は快走する。空模様は一向に日が差してこない。先日、滝を撮影に行った時に立ち寄ったコンビニで一息つく。以前レジを打っていた男性店員が今日も居た。彼は今日も笑顔一杯で接客している。もう見るからに明るい性格で前向きな彼を見ていると自分の陰気さがどうにも嫌になった。イートインでスマホを見ながら琥珀色のコーヒーにそんな気持ちが吸い込まれていく。また漕ぎだす。山口県岩国市へと続くこの国道2号線はやたらと大型車が多く、一部怖い箇所があるけれど、休日の今日はほとんど大型車がいない。このことは何か新発見のようでもある。広島県大竹市のショッピングモールのベンチでもう一息ついた。右手にはオロナミンC。私の時代のその前の時代のCMで大村崑さんがやっていた。子供だった頃にその看板を見た記憶が今だに残っている。オロナミンCを飲み終える頃にポツリポツリと雨粒がサイコンを濡らし始めた。おいおい!?今日は降らんのだろう?そんなことを呟いてみたところで雨は止まず、今日の目的地へと強行するかUターンするかで迷った。スマホで雨雲レーダーをチェックすると、本降りにはならなそうだったので強行することにした。小瀬川に架かる栄橋を渡るともう山口県だ。広島県西部に住む私は福山市や岡山県に行くよりも山口県のほうが圧倒的に近い。今日の目的地で言えば、やはり錦帯橋だろう。しかし今日はちと違う場所へ行くことにしている。やがて道は岩国市内に入り、沿道には外食店やスーパー、自動車販売店などにぎやかになってくる。
 岩国市医療センター医師会病院の交差点を右手に入り、小さな川沿いに北上すると「一の滝寺」はある。この寺院、境内に続く導線が雰囲気があって素晴らしい! 左右にある石柱を越えるとすぐに本堂が右手に見える。適当な場所に自転車を止めさせて頂き、ヘルメットとグローブを脱いで幾らかのお賽銭でお参りさせてもらう。この寺院は真言宗醍醐派に属し、弘法大師を祀っている。
20191103ooo4.jpg

 境内には朱色の三重塔があり、徒歩でそこまで上がってみた。上からは寺院の全体像がよく分かり、実に風光明媚な寺だと思う。本堂の横の縁台でしばし休憩後、来た道を帰ることにした。


 さぁー昼飯はどうしようか?  いつもならコンビニでおむすびでもなのだが、今日はどこか飲食店に入ることに決めていた。途中にインド料理店があったな・・・自転車も店内から見えそうだしここにしようと決めたのが・・・「インド料理・シリジャナ」。ランチメニューはたくさんあった。その中で一番安いものを注文した。タージさん以外で店に寄るのは本当に久しぶりだった。カレーはコクがあり、クリーミーでとても美味しかったな。食後、止めていた自転車に戻るとサドルが濡れていた。
 帰りも少し雨に濡れた。今日は休日ということもあってサイクリストとすれ違うことが多かった。宮島付近はまだ渋滞していた。

 ヘンテコな大人の独り旅は無事に終わりを向かえたのだった。

走行距離・・・71.48km  最大心拍数・・・121