FC2ブログ

月の終わりに4月

 コンビニの玄関の隅で山賊むすびを頬張っているとたくさんの綿毛が目の前を飛んで行った。たんぽぽだろうか?それを見ているとこの春学校を卒業していった若人が思い浮かんだ。どこに着地してどんな花を咲かせるのだろうか・・・あ~お前書いていて恥ずかしくないか!? まぁーとにもかくもそんなことを考えながら、快晴のライドの昼飯を進めたのだった。先ほどまで前回のライドで見つけた野鳥が居そうな川沿いのスポットでしばらく粘ってみたがどうやらツバメしか捕捉出来なかった。時間帯や鳥たちが食する木の実がなっている場所をもう少し丁寧に頭に入れておくことが大事なのかもしれないな。
 今日は初夏のように気温が高い。走り始めに着ていたウィンドブレーカーを手作りソーセージの店を出た時に脱ぐ。そろそろ田に水をはる季節。これからさらに風景は潤いを増す。いい季節なのだが、新コロが足かせのようになって人々の外出欲を阻む。昨日の晩、やはりいつものようにYOUTUBEを見ていると坊様が般若心経をひたすら唱え続けるというものを見つけた。とにかく繰り返すのだ。10回も。でもそれを聴いているとなんとなく心が落ち着てくるからきっとそのお経はありがたいものなのだろう。このお経はいったい何を言っているのか?という疑問が沸々と湧いてきて、ググると・・・こんなことを言っているらしい。


超スゲェ楽になれる方法を知りたいか? 
誰でも幸せに生きる方法のヒントだ 
もっと力を抜いて楽になるんだ。
苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ。
この世は空しいモンだ、 痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ。
この世は変わり行くモンだ。 
苦を楽に変える事だって出来る。
汚れることもありゃ背負い込む事だってある 
だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ。

この世がどれだけいい加減か分ったか? 
苦しみとか病とか、そんなモンにこだわるなよ。
見えてるものにこだわるな。 
聞こえるものにしがみつくな。
味や香りなんて人それぞれだろ? 何のアテにもなりゃしない。
揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。それが『無』ってやつさ。

生きてりゃ色々あるさ。 
辛いモノを見ないようにするのは難しい。
でも、そんなもんその場に置いていけよ。 
先の事は誰にも見えねぇ。
無理して照らそうとしなくていいのさ。 
見えない事を愉しめばいいだろ。
それが生きてる実感ってヤツなんだよ。 
正しく生きるのは確かに難しいかもな。

でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ。
菩薩として生きるコツがあるんだ、苦しんで生きる必要なんてねえよ。
愉しんで生きる菩薩になれよ。
全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな 
適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ。
勘違いするなよ、非情になれって言ってるんじゃねえ。
夢や空想や慈悲の心を忘れるな。
それができりゃ涅槃はどこにだってある。

生き方は何も変わらねえ、ただ受け止め方が変わるのさ。
心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ。
この般若を覚えとけ。短い言葉だ。
意味なんて知らなくていい、細けぇことはいいんだよ。
苦しみが小さくなったらそれで上等だろ。
嘘もデタラメも全て認めちまえば苦しみは無くなる、そういうモンなのさ。
今までの前置きは全部忘れても良いぜ。
でも、これだけは覚えとけ。気が向いたら呟いてみろ。
心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。
いいか、耳かっぽじってよく聞けよ?
『唱えよ、心は消え魂は静まり全ては此処にあり、全てを越えたものなり。』
『悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。』

心配すんな。大丈夫だ。

 ムッチャ噛み砕いている文章で超わかりやすいな・・・なるほど般若心経とはこういうことを言っているのだな・・と感心。もう世界は変わったのだと思って生き方を考え直さないと・・・

 昼飯も食ったし、お土産も買った。あとは一枚シャッターを切れば今日のライドはおしまいさ。廿日市の辺りに薬師堂という寺院あり。薬師如来は東方浄瑠璃世界(瑠璃光浄土とも称される)の教主で、菩薩の時に12の大願を発し、この世門における衆生の疾病を治癒して寿命を延べ、災禍を消去し、衣食などを満足せしめ、かつ仏行を行じては無上菩提の妙果を証らしめんと誓い仏と成ったと説かれる。瑠璃光を以て衆生の病苦を救うとされている。無明の病を直す法薬を与える医薬の仏として、如来には珍しく現世利益信仰を集める。 ウィキ引用・・・
 つまりコロナ平癒の祈願おば・・・たどり着いてみると木造の社ではなく現代のコンクリート造りだった。民家の中の一角だったのでシャッターを切ることも出来ず・・・結局前で途方にくれてから家路についた。

 帰りに酒屋で「赤小鶴」という芋焼酎の紙パックを贖い、ザックをパンパンにして帰宅した。天気も最高!気温は高めで少し汗ばむくらい。大きな深呼吸が出来たライドで良かったと締めくくりたい。

走行距離・・・49.74km  最大心拍数・・・120




・・・ついでに4月のまとめをしておきます。月間走行距離は278.09km 仕事的に閑散期に入っているので多くのライドが出来ました。しかし坂トレとスピンバイクは実行せず。脚は若干劣化していると思います。このご時世、遠征は自粛なので来月もホームコースがメインとなるでしょう。
 次に読書。今月は「七人の安倍晴明」夢枕獏・編著 文春文庫 の一冊におわりました。読感は近々記事にしようかと思っています。以前に比べて読書のペースが落ちてますがマイペースで行こうな・・・
 最後に写真散歩。これも電車を使っての移動や県外への移動などに制限があるのでしばらく無理ですな。自転車と絡めて心に残りそうな風景を切り取れればと・・・

 4月。今月もお付き合い頂きありがとうございました。<(_ _)>

20200501ggg2.jpg




スポンサーサイト



月の終わりに3月

 今日は夕方からの勤務だったので、FX3で平和公園と猿猴橋付近の桜を見に行きました。新型コロナウィルスの影響もあって、そのどちらの場所も花の下で宴会をする方は居らず閑散としていました。私自身の行動も不要不急は自粛には反していますが、3密にはハマらないだろうと自転車活動だけはさせて下さいと誰かにお願いします。とはいうものの明日の休日は雨一色、部屋で本を読んだり、書きかけの小説を仕上げていこうかな~と思っています。
 さて・・・3月も少しだけ振り返ってみます。まずは自転車活動。月間走行距離は256.64kmに終わりました。近場が主でしたが、遠征で「しまなみ」に行けたのは良かったと思います。最近、部屋でスピンバイクも回していないし、ポタリングのコースも登坂してなく、脚の筋力の低下と体重増加は地味に感じます。4月は夕方勤務も増えるのでその際は坂トレを取り入れようと思っています。
 次に読書。 今月は2冊を読み終えました。一冊目は読むのに凄く時間のかかった、「辻」古井由吉・著、そして軽く読めた「インドでわしも考えた」椎名誠・著。部屋の蔵書もかなり増えてきて場所をとっているので、今度、お気に入りの本だけを残して売ってしまおうかと画策中です。
 最後に写真散歩は・・・・今月はカメラだけを持っての撮影散歩はしませんでした。今、気になっている写真アイテムがあって、それは防湿庫です。今はプラ製のBOX2つに収納してます。でも防湿庫、高価なんだよう~ 

 今日もとりとめのない記事になってしまいましたが・・・今月もお付き合い頂きありがとうございました。<(_ _)>
20200331spq2.jpg

先日、ポタ中に「アオサギ」くんが居たので撮影しました。 あっ・・・そうだ双眼鏡買わないと!

月の終わりに2月

 今月最後の休日を過ごしています。今日は夜まで雨が降らないということだったので、DSに跨りポタリングしました。そのことは少しだけ最後に書くこととして、まずは今月を振り返っておきます。
 最初に自転車活動。月間走行距離は212.58kmに終わりました。ポタリング出来た日が5日だったからその割には距離が伸びたと思います。先月末に宣言していた、遠征と江田島ライドは実行に移せず・・・とほほ。来月からは気候的にも暖かくなるだろうし、一緒に走ってくれそうな人も見つかったのでロードバイクを出してロングライドといきたいものです。
 次に読書。こちらも進捗があがらず・・・これまた、トホホ・・・今読んでいる、「辻」古井由吉・著 なんですが、飛ばし読みせずにしっかりと咀嚼して進めていますが、ストーリーも掴みにくく、否ストーリーというくくりではなく、純文学としての矜持に読み手のこちらがついていけていないのが率直な感想です。しかしあともう少し、読み切ったらまた読感、記事にしますね。ところで著者の古井由吉さん、先日18日に82歳の生涯を終えました。著者の作品を読んでいる最中の訃報に少し驚いてしまいました。
 そして、創作小説。 ポタリングの記事に絡めていきなりスタートしました。実は結末を考えておらず、物語がどう転がっていくか自分でもわかりません。なんとかひねり出して書いてみますので暖かい目で読んでみて下さい。
 最後に写真散歩。月の初めの頃に三原市で開催される、伝統行事の神明市(しんめいいち)に行ってきました。ちょうど新型コロナウィルスのニュースが出始めた頃で、人ごみに行くことを躊躇いましたが、実行に移しました。人の多い場所での写真撮影は構図的に制限がある(肖像権)ので気を使います。この神明市は「だるま」が主人公なのでそういったカットの写真が出来上がりました。来月はなに撮ろうかな~ 桜は外せないし・・・

20200228ssf1.jpg

 今日のポタリングで狙ったのは鳥です。 実は前々から野鳥撮影をやってみたかったのですが、長いレンズを持っていないので、この写真は32mmの単焦点で撮ってます。寄れないですね・・・・でも野鳥撮影って楽しい~ ちょっと力入れてやってみたくなりました。

走行距離・・・37.18km  最大心拍数・・・120

 そんな感じで2月も終了・・・ 今月もお付き合い頂きありがとうございました。(ーー゛)


月の終わりに1月

 1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると・・・言われています。私の印象だけで言えば1月は少し長く感じました。今月の頭に「あけましておめでとうございます」とやったのが随分昔のような気がします。それは昨年も一緒でやはり1月は長く感じました。
 さて、今年も月の終わりには少しだけ振り返りをしたいと思います。まずは自転車活動。月間走行距離は270.52kmでした。遠征もロングライドもありませんでした。気候的に気温も極寒とまでは下がらず、乗っていて時間が経つと気持ちよくなった印象です。月の後半は雨予報も多くありましたが、幸い曇りという空も多く、おかげでポタリングすることが出来たようです。来月は定番ポタの他に江田島や遠征も入れられると良いなと思っています。
 そして・・・読書。「平らな国デンマーク」高田ケラー有子・著。の一冊だけでした。今読み進めている本は「辻」古井由吉・著です。これがなかなか文学指数が高く、もう少し読了までに時間がかかりそうです。まぁースキマ時間を見つけて2月前半には読み終えたいですね。
 最後に写真活動。今月は正月明けに頂いた連休に泊まりで山口県下関市の唐戸市場周辺に写真散歩に行くことが出来ました。私の使っているミラーレス、個人的な感想ですが、ピーカンの空よりも曇天のほうが雰囲気のある写真が撮れる気がします。2月広島県三原市で開催される神明市へ写真散歩に出かけてみようかと思っています。

 そんな感じの1月は行く・・・でした。 1月もお付き合い頂きありがとうございました。 <(_ _)>
20200131bxd1.jpg