FC2ブログ

スロースターター

9月2日の事・・・
自転車に乗り始めておよそ20分くらい経つと自分の心に灯が点る。つまりアイドリングを終えエンジンがかかり始めるのに20分かかるというわけだ。だけどこの日はその時間を過ぎても心のエンジンは燻っていた。夏バテか?とも思ったがそうでもなさそうで、目的地が定まっていないせいか、夕方からの仕事の破片が心に刺さっているのか?どうやらその両方らしい。とりあえずホームグランドの平和公園へ向かった。その道すがら、そういえば戸坂(へさか)に「狐爪木神社」(くるめぎじんじゃ)という神社があることが気になっていたことを思い出した。ヨシ!そこに行ってみよう。広島市立基町高校の辺りからアストラムラインという新交通システム沿いに北上した。国宝の金堂のある不動院という寺院を過ぎるとアストラムラインは大きく左へと回る。戸坂へはそこを直進する。どこからかサキソフォンの音色が聴こえてきた。管楽器のほとんどは家で練習するとかなり近所迷惑になるのを私は知っている。迷惑にならないのはフルートくらいかもしれない。橋桁の奏者も練習場所を求めてい辿り着いたのだろう。神社が近づいてきた。仕上げに地図をザックから出しチェックを入れる為に自転車を降りる。「ロイヤルホストの先を右折だな」  コンモリとした山の中の神社なので見つけるのは容易いだろう。予想通り迷うことなく、一の鳥居を見つけることが出来た。

20170903jja1.jpg

御祭神は?(本殿)に、  ほんだわけのみこと
            たらしなかつひこのみこと
            おきながたらしひめのみこと
                                   の八幡神三柱
        (相殿)に   しなつひこのかみ
               ことしろぬしのかみ
                                   の二柱

相殿に祀る、しなつひこのかみ、ことしろぬしのかみ、の二柱を勧請したのは貞観二年(860年)平安時代。この頃、日本ではどのような出来事があったか? 861年4月に直方隕石が落下。落下の目撃がある世界最古の隕石だった。他に富士山や開聞岳が噴火したり、東日本大震災と同じような位置で三陸地震が発生したりと天災が多い時期だったようだ。そんな貞観二年の頃、この神社の周辺は海だったと故事に記されている。だから海に関連がある風伯の神を祀り、(ちなみに風伯の神とは風神様のことで古事記や日本書記では、しなつひこのかみ、となっている。)また、ことしろぬしのかみ、は大国主神の御子で恵比寿大神とも申し上げ、漁村、農村、商家に多く祀られてる。


時は移り永観二年(984年)に八幡神三柱が勧請された。そうか、八幡神の勧請のほうが先に記した二柱よりも後なのか・・・984年当時、大神の威光の強さにより大陸からの文化の移入が盛んであった。文化神として八幡神は全国的に最も多く祀られている神で、ムラの鎮守、氏神として崇敬され、文化神として、また武士の守護神として、家内安全、商売繁盛、交通安全、厄除け、安産、開運、受験祈願などのご利益があると言われている。


さらに時は移り、文永十一年(1274年)鎌倉時代に武田信時が安芸国の守護職に封ぜられ、この狐爪木神社を佐東郡の惣社とされた。その後、大内義隆、毛利元就の領主は、それぞれに神田を寄進している。


昭和二十年(1945年)八月の原爆投下では、山の上にあって爆風をもろに受けた為か、かなりの被害を受けたようである。
つまり被爆建物がここにもあるということだ。


DSを一の鳥居のすぐ傍にロックして、徒歩で長い階段を登り、途中にある、お手水で身を清めて、二拝二拍手一拝。


スキマ時間のポタリングであったけれど、帰る頃には「まだまだ乗っていたいな~」としっかりエンジンが暖まっていた。。。


Dst・・・22.89  Av・・・15.5  TREK8・5DS







スポンサーサイト



コメント

遅ればせながら

暑い8月、お疲れ様でした。
水族館の写真、とても癒されました。
諸般の事情があって以前ほどお邪魔できてませんが、色々な記事、楽しませていただいてますよ。

ではまた~。

Re: 遅ればせながら

> 暑い8月、お疲れ様でした。
> 水族館の写真、とても癒されました。
> 諸般の事情があって以前ほどお邪魔できてませんが、色々な記事、楽しませていただいてますよ。
>
> ではまた~。

コメントありがとうございます。
お久しぶりです。まるちゃんさんもお忙しそうですね。
まぁーボチボチと交流お願いします。

私のブログは何処へ向かっているのでしょうか?(笑)

非公開コメント