FC2ブログ

風化させない為に

 私の中学校時代の社会科の教師は思想的にかなり左よりでした。学校もいわゆる日教組が強いものでした。社会科の授業であからさまに天皇批判をしていた記憶があります。若い頃はスポンジが水を含むがごとく良きにせよ悪きにせよ吸収力の強い時期で、そのような時期にそういった思想の教師の影響を受けないわけはありません。
 話は少しそこからはそれますが、広島は人類史上初の原子爆弾の被害を受けました。私の父も被爆者で私は被爆2世ということになります。小中高と平和教育は他県よりも熱心で、「二度と過ちは繰り返しませんから」と学んできました。先の大戦、いわゆる太平洋戦争は我日本にとって「過ち」であり「反省すべき時代」だったのです。
 しかし今回読み終えた本では、先の大戦は決して「過ち」ではなく侵略戦争ではなかったと述べています。南京大虐殺は大虐殺ではなく、日本民族の国民性からして、そのような酷い虐殺はなかったと・・・
 また、韓国における慰安婦問題もある朝日新聞社の記者の過剰な自虐から定説とされてしまい、実際は慰安婦などという存在はなかったのだと・・・戦時中の植民地政策も負の側面だけではなく、日本の統治を歓迎していた国々もあったと・・・


 いったい何が真実なのでしょうか? いや・・・そういった疑問を持つほどになった今の時代こそ、戦争が風化してきたと言えるのではないでしょうか? さらに戦争の時代を知っているご高齢の方々がこの日本からいなくなったら、いったい誰が悲惨だった時代を語り継いでいくのでしょうか?
 「戦争だからしかたがない」「お国を守る為に命を捧げます」こんなセリフを言わなくてはならない時代が再び来ないことを祈ります。こんな私ですが、先の大戦で犠牲となった方々のおかげで今の日本があるということを思うこともあります。
 
 尖閣諸島での中国の圧力、竹島や慰安婦問題を抱えた韓国との関係、北朝鮮のミサイル問題。近隣諸国との関係はよりシビアになっている現代。自らの国を自らの力で守り、強き国造りを目指そうという動きや声も強くなっています。より冷静に毅然とした態度でことにあたることが必要なのかもしれません。
 今の日本が戦後という二文字から戦前という二文字に変換されないことを願います。。。

今回読んだ本。 「日本の敵」 櫻井よしこ・著  新潮文庫

20171219apw1.jpg

スポンサーサイト

コメント

国際社会

ご無沙汰しております。
m(__)m

国際社会の「外交」と呼ばれる場合の対話って、背景に、力(武力)だったり、資源だったり、利益なとが必ずあると思うんです。
その駆け引きが、悪いとも不必要だとは思いません。
最近のアメリカ、トランプ大統領は「アメリカ第一主義」を掲げ、色々な改革に取り組んでます。
日本ではネガティブな面しか報道されませんが、アメリカ国内で一定の支持を得ているので、政策に理由があると思います。
ただ、「イスラエルの首都はエルサレム」などの発言は、分断と対立を増すのは明らかなので、アメリカなりに理由があるとしても、やり方やタイミングには問題があると思います。
そうゆう利害を離れた国際間の対話って、なかなか難しいんでしょうね。
ただ、旧ソ連のゴルバチョフ氏がノーベル平和賞を授与されたように、政治の世界でも人は居ると思います。
パラダイムシフトが、より平和の方向に向かって欲しいと思ってます。

Re: 国際社会

> こんばんは。確かに外交には色々な要因が影響するのですね。ただの綺麗事だけでは友好関係は築けないということです。その駆け引きを不必要だとは私も思いません。中国や韓国が国内の体制や世論を推し量って、反日というカードをいつもちらつかせるのも、アメリカが自国の経済や支持層の声を意識して「イスラエルの首都はエルサレム」と発言したり、どちらも国内事情を慮って外交の姿勢を変えるということもあるのですね。しかしそれにより多国間の緊張度が増し、さらにテロの要因となったりするのは、世界にとって良くないし、それによって無辜の民が犠牲になるのもあまりに愚かというべきでしょう。

>
> コメントありがとうございます。。。
非公開コメント