FC2ブログ

ハズレはないよ東野圭吾

 小学校で起きる数々の事件をミステリー作家志望の非常勤講師が冴えわたる推理で解決していく異色のミステリー。読み終わって知ったのだけど、学習研究社の学習雑誌「5年の学習」「6年の学習」に掲載されたシリーズ作品だったようだ。どうりで平易な文章で読みやすかったわけだ。東野圭吾さんは七色の変化球を持っていているが決め球がないピッチャーのようだと・・・・巻末の解説に書いてあった。それほど東野さんの作品を読んでいるわけではないので、その意味は今一つ捉えきれないが、本作のように児童文学でもしっかりとしたストーリーを展開出来るのは、「さ・す・が」としかいいようがない。


20171225tmq1.jpg

「おれは非情勤」 東野圭吾・著 集英社文庫

題名の非情勤は誤字ではなくて、主人公の非常勤講師のクールさを表している。

今月5冊目でした。。。

PS・・・先日、私が大好きな作家さん、葉室麟さんがお亡くなりになりました。まだまだたくさん新作を読みたかったので、とても悲しいです。 ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント