FC2ブログ

カレーライス第2話

 ある朝を迎えた。私が住んでいる水槽に灯りが灯るのは主が起きてすぐである。主は出勤時間がまばらなので起きる時間は決まっていないが、必ず午前5時、午前6時、午前7時とアラームを鳴らす。だから私の一日の始まりは午前7時を過ぎたあたりからだ。
 寝ぼけ眼の主は私には一切関心を示さず、洗面を済ませ、下の階へと降りていく。食パンがあればそれを、それがなければ茶碗一杯の白米を昆布などを添えて食べる。私の食事も固形フードで変わり映えしないが、人間の食べ物も普段は餌に近いものを食べているようだ。
 食事を終えた主はまた部屋へと上がって、今度は制服に着替える。何事につけても心配性な性格の主は時間についてもそうなのだ。30分で着く職場に1時間30分前に家を出る。余った時間は職場の手前のサービスエリアでつぶしているようだ。
 今日も主は出勤していった。誰も居なくなった部屋で私の世界は静かに時を刻む・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント