FC2ブログ

ひろしまの赤いエンピツ

 寝ぼけ眼でパソコンの電源を入れて今日の天候の最終チェックをする。雨雲は瀬戸内海の南に大きくあった。2時間後の位置を確認。夜の始めくらいまでは北上しないようだった。それならばとFX3で出発。でも読みかけの本を今日中には読み終えたいので近場で2時間コースに決めた。広島市内の一番南側の道路を広島港へと向かう。広島港の近くに元宇品(もとうじな)という地区がある。もともとは島だったのだが、現在は暁橋(あかつきばし)という小さな橋で陸続きとなっている。その橋を渡り最初の信号を今日は左折した。この道はプリンスホテルという湾岸ホテルに至る。数年ほど前に知人の結婚式に呼ばれ、パーティーで友人の余興というものをしたことを思い出す。台本通りにネタは進んだのだけど、元来の間の悪さもあってあまり客人にウケなかった苦い思い出がある。そのホテルの海沿いの遊歩道をFX3は行く。1.5mほどの狭い道には海から打ち付ける波が所々を濡らしていた。島の原生林を右に、広島湾の青を左に、サザナミがBGMとなり、自然と鼻歌が出そうになるほど良いポタリングコースだ。
 さて・・・本題へと行こう。今日は灯台を撮影しに来た。しかし目的の宇品灯台は少し森の奥まった所にあり、海沿いからの撮影は難しい。がっかりした心に赤いえんぴつのような灯台が目に入った・・・

20180219apm1.jpg

 その灯台は多くの船が広島港へと入港する際の目印となっている。この港から瀬戸内の島々へ、そして呉、松山へと往来する。そういえば昔、九州別府港への航路もあったな。母方の実家が大分にあったので、ここから何度もフェリーに乗船した記憶が蘇る。
 需要はあると思う。是非また航路を復活してもらいたい。。。

Dst・・・20.23   Av・・・16.2   TREK・FX3


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント