FC2ブログ

良薬は口に苦し

 今月一冊目の本を読み終えました。 先月の「犬と鴉」に続いて田中慎弥さんの作品です。「切れた鎖」 新潮文庫。この本、実に難解です。頭の中に手を突っ込まれて脳みそをグチャグチャにされているようです。短編集で、一編は読み通すほうが良いでしょう。私は栞を挿みながら読み進めてみました。もう途中からなにがなんだか??? 前回読んだ「犬と鴉」でも思ったのですが、文学って、どこまでも自由で破壊的だなと・・・でもそんな難解な本、だけど、辞書は一度も引かなかったんです。つまり難しい語彙は使っていないということです。一つ一つの文節が長く、比喩表現が天才的で破壊的。 私個人はマニアックな性格もあるので、こういうブットンダ本はわからないけど快感なのです(笑) だから田中慎弥さんの本は全部読むことに決めました。今月中にもう一冊、いってみようと思っています。

20180315vpt1.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント