FC2ブログ

無頼派

 2018年の最後に読み終えた本、「堕落論」坂口安吾について読書感想を書こうと思っているのだけど、どうにも内容が記憶に残っていない。読んでいる最中は私の読書脳では追い付かい面も多いにあったが、兎にも角にも読み終えた。一つ書くとすると、もし坂口安吾が現代に生きていたら今の世相をどういう風にブッタギルか?が非常に興味が湧く。
 話は少し逸れる。2018年に読み終えた本を振り返って印象に残っている本はどんな本かな?と思い直してみて、実に残っていないと実感させられた。西村賢太や田中慎弥を好んで読んだような気になっている。だけど両者の本はやはりアクが強く一般的には読みにくい本なのかもしれない。坂口安吾は再読してまた記事にしたいとは思う。
 毎年、年頭に目標を設定する。しかし今年はあえて設定しないことにする。 より本を楽しみ、自転車を楽しみ、写真を楽しむことに集中しようと思う。

20190111yvo1.jpg



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント