FC2ブログ

青のグラデーション

 最近仕事をしていて、どうも自分という人間が軽薄で冷酷ではないかと思うことがある。客商売で接客をするのだけど、話の内容がなんともお粗末で、天気の話、地元プロ野球球団の話と実に表層的な話しか出来ていない。かと言って、毎朝新聞を読み込み、会話の話題に備えるほどのモチベーションもなく、なんとなくも惰性で仕事をしている。 惰性で仕事をしている自分がなぜ軽薄で冷酷なのかは説明することも出来ないが、ただただそう思う。 惰性でも高い意識でも働かなければ生活が立ち行かないから・・・

 昨晩は夜更かしをしてしまった。YouTubeから流れる音楽を聴きながら、グルグルとネットの世界を行ったり来たりした。その往復の合間に明日のライドのコースをイメージした。 朝、早めに出発して、広島港から江田島へと渡り、しびれ峠を登り、下ったら昼飯をどこで食べて・・・と。 結局、ベットに入ったのが午前1時を回ってしまった。

 そんな昨晩だったけれど、起きたのは思ったほど遅くはなく、午前7時を少し回った時だった。昨日のうちに空気を充填していたエモンダに朝、再度空気を入れた。(入れる時にフロアポンプに不具合が発生し、上手く充填出来なかった) 今月もなんやらかんやらと出費が嵩んでいるのけど・・・フロアポンプは必需品なので、なんとかせねば!

 家を出たのが午前7時50分だった。丁度通勤、通学の時間帯で、多くの学生達が波のように流れていた。その流れの中をサイクルジャージを着た石ころがコロコロと転がった。 最近、毎晩スピンバイクを30分回している。以前は汗を大量に掻くので風呂に入る日の前だけだったけれど、季節もジメッとしてきて、毎日シャワーも浴びる。だからトレーニングも出来るというわけ。結論から言うとその効果が今回のライドではおおいに感じることが出来た。

 広島港についたのが8時32分。慌てて窓口でサイクルーズパス(自転車の乗船券が無料になるパス)と乗船券を買い求め、そそくさと、入港していた切串(きりくし)港行きフェリーに乗り込んだ。 「久しぶりだな。江田島は・・・」 甲板に自転車をロックして客室で重低音のきいたエンジン音をBGMに読みかけの小説を読み進めた。 今読んでいるのは、瀬尾まいこさんの青春小説だ。重い話ではないし、辞書を引くほどの難解な漢字もなく、スラスラと行ける。ふと船窓の外に目をやると、眩しいほどの日差しと、二種類の青が競いあっていた。

 やがて船は江田島の切串港へと到着。 正面のハッチが開くと、心の中で「ガンダム行きま~す」と呟く私はファーストガンダム世代だ。 港を出ると進路を右にとり、海沿いの道を快走する。 自分にしては高いケイデンスを保ちながら視線を海へとやる。
 道中、一部、昨年の豪雨災害の復旧工事が完了しておらず、通行止めの区間もあった。景色がより広がった場所に、サイクルスタンドが設置されていて東屋がある。そこで今日の一枚目を撮影することにした。

20160613eeq1.jpg

 今日のコース設定には登りも入れていた。 難易度は初級の「しびれ峠」だ。 普段はFX3で坂トレをしているので、エモンダの優位性は特に感じる。頂上のベンチでしばし遠くを眺めながら休息した。 耳をすますと、色々な鳥たちの歌声が聴こえている。頬にあたる風に湿度はなく、気持ちが良い。

 午前11時の十五分前にコンビニエンスストアに立ち寄って、エナジージェルと濃いめのお茶でカロリーを摂った。しばし昼休みとし、11時には再出発した。ここからは少し交通量が増えるので緊張感を持って走る。今日は逐一ポイント、ポイントで時間をメモして次回のライドに生かそうと思っていた。

 早瀬大橋という高度のある橋を渡ると、自転車は倉橋島へと入る。そこから呉方面へ進路を進めた。今回のコースのウィークポイントとなるのはこの早瀬大橋を降りてから音戸町までの道だろうと思う。交通量が多し、トラックも通行する。その区間を過ぎると、登りながら短いトンネルを二つ越える。するとまた景色が広がり、音戸第二大橋となる。この辺りの眺望も魅力的だ。 ここから呉港への道のりは若干のアップダウンはあるが、それほどキツイものではない。 

 事前に呉港から広島港へのフェリーの出航時間をチェックしていたので、15分ほどの待ち時間で乗船することが出来た。呉から広島は交通量も多い区間なので、こうしてフェリーを使うほうがストレスがない。

 オープンデッキの椅子に座り、湧いては消える白いバブルを眺めながら、行き交う船舶を目で追っていた。 少しの時間、スマートフォンを見、小説を読んだ。あとは、ただただ黄昏て過ごした。 いい時間だと思う。

 広島港に無事、入港したのが午後1時53分。そこからまたいくつかの橋を越えて、今日のライドを終えたのだった。自宅に着いたのが午後2時34分。 

 今日のコースは飽きがなく、無理もなく、良いコースだと思う。 久しぶりのロードバイクの切れ味を感じることが出来たライドだった。

Dst・・・62.10km   Av・・・18.7km/h   emonda SL6

PS すみません。熟語の使い方が間違っていました。冷徹ではなく冷酷ですね。。。 <(_ _)>








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント