FC2ブログ

梅雨の晴れ間に

 「わぁーでんしゃだ!でんしゃだ!」 パパの漕ぐ自転車の後ろで幼児が見るものすべて新鮮という眼差しで行き交う路面電車を観ている。 彼の未来は明るいのだと思いながら久しぶりのポタリングに出掛けている。いつものコースでいつもの店に立ち寄って、コーヒーを啜る。ここまで書いて私のブログもマンネリという4文字が浸食してきているなと思う。「今日はどういうコースでどこを目的地にしようか・・・」と思案した。 決めた目的地は後半でわかるとして、まずはインド料理の店。タージ海田店さんへと向かった。コインランドリーの横を通ると洗濯が終わるのを待っている茶髪の中年女性が一人居た。遠くでは救急車のサイレンがけたたましく鳴っている。タージさんの開店時間は午前11時だ。まだ20分くらい余ったので、海田市駅前の橋にあるベンチに座り、何をするでもなく、なんとなくスマートフォンなど見て潰した。近くを制服姿の中学生の集団が歩いて通り過ぎた。中学生という年齢は複雑で、大人の不純物であろうものがほんの少し、純粋なものに混じったような時だ。何を入れていてそんなに大きいのかというリュックを揺らせながら、仲間とじゃれあっていた。
 開店の5分前にオープンして頂いた。いつもよくしてくださる店員さんも居て、ポークカレーを辛口で注文。しばらくすると夫婦と思われる男女が入ってきて、またポークカレーを注文していた。 今日のカレーはいつも入っていない生クリームが入っていて、よりマイルドな味になっていた。食べ終わり、レジで会計を済ませる時に「急募!スタッフ」という貼り紙が目についたので、「人足りてないんですか?」と聞けば「そうなんですよ。。。中々休みが取れなくて・・・」 「疲れているんだ。」 「女性を募集なの?」 「もう、誰でもいいんで!」 「早く見つかるといいね。」 みたいな会話を少しだけして店を出た。
 私の職場でもそうだけど、慢性的に人手不足なのが続いている。 募集しても問い合わせすらないって感じ。 

 来た道とは違う道で西へと向かった。 サイクルジャージのローディーが私を抜いていった。自転車見るとトレックだった。トレックの専門店は私のいきつけの自転車店しかないので、やはりそこのお客かななんて思った。
 東雲(しののめ)という地区に差し掛かり、道路の反対側の店に目をやる。昔の上司が色あせた制服を纏い笑顔で接客していた。久しぶりに挨拶でもといつも横を通ると思っているのだけど、なかなか実行に移せないでいる。彼と一緒に働いていた頃の職場は今よりもゆるーい雰囲気でのんびりしてたななんて思う。
 やがて道は八幡川(やはたがわ)を渡り佐伯区へと入る。河口付近に目をやると、数多くの水鳥達が羽根を休めたり、潜水したり、羽ばたいたりしていた。
 廿日市市(はつかいちし)へと入った。 この町の玄関口でもあるJR廿日市駅が今日の目的地だ。この駅は明治30年に開業となかなかの歴史ある駅なのだけど、2016年に新駅舎を開業している。 実に整然と整備されていて、気持ちの良い空間を生み出している。

20190705tre1.jpg

 この駅舎の南側に広島電鉄の廿日市駅もある。そちらの駅舎も近年建て替えられていて美しい駅となっている。今日のポタリングはここで終わり、来た道をのんびりと流した。

Dst・・・44.85   Av・・・15.1   TREK・8・5DS




 

 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント