FC2ブログ

やっと読み終えました。。。

 多摩音楽大学は都心から私鉄で1時間半ほどの広々とした平野にある。もはやここは大東京ではないのではないだろうかというほどのんびりとした雰囲気の中だ。ノズルの住んでいるアパートはその大学から徒歩で5分ほどの家賃4万2千円の1Kで実家からの仕送りとチャンポン店での短時間のアルバイトで生活していた。学校から近いので学生のたまり場になりそうなものだけれど、ノズルの社交性のなさから立ち寄る人もそれほど多くはなかった。そのノズルの住処が俄かに騒々しくなったのはイチョウの葉も色づく学園祭、音楽大学では芸術祭が開催される秋の事だった。4年生に在校していた広島出身の米満さんの影響で祭りに出店する飲食屋台でお好み焼きとイモフライを提供することになったのだ。入学時にはサプライズ的に怖かったのかと思っていた先輩の存在は厳しい上下関係のもとにあって、その鶴の一声で学校に近いノズルのアパートで試食会が行われることになった。
 授業と練習が終わった夜の初めの頃、研究室の面々がノズルのアパートに集まってきた。1Kの部屋に16人ほどが入ったものだから、ただでさえ狭い部屋はむせかえっている。もちろん会の初めは乾杯からスタートして、そのうち1年生がお好み焼きの具材のキャベツを切りそろえた。そして小さなホットプレートで米満さんの指導のもと一人一人焼きの練習をする。「お好み焼きってのはな、貧乏人の食い物だから、そんなに肉を入れたらダメなんじゃ。客に気がつかれない程度に絞らんといけん・・・」と米満が説教をした。「ハイっ!わかりました。」なんて言っていたが、(なんだかケチ臭いな)なんてノズルは思った。この米満さん、ジャズ畑を歩く人で、なかなかに破天荒な性格で、面白い逸話が一つ二つあった。そのうち一つが「平和記念式典タリラリラ事件」だ。広島で毎年8月6日の原爆の日に開催される記念式典で演奏の為に集められた市内近郊の吹奏楽部の一人だった米満は、本来静かな雰囲気の時間にウォーミングアップのリップトリルを響かせてしまったという、なんとも破天荒な高校生だ。
 そうして一つ二つとお好み焼きを焼いていると、「ノズル!イモ洗うとこがないからココで洗うぞ!」と2年生の玉井さんが言っている。(ココって?風呂の浴槽だぞ・・・)と内心ノズルは思ったが逆らえるものでもなく、「ハイっ・・・」と口ごもった。そんな騒々しくも夜が更けていき、酒も入っているものだから、かなりの大声で皆しゃべ散らかしていた。すると近所の家から「てめぇーら何時だと思ってんだ!!!」と怒号が暗がりのサッシから突き刺してきて、皆一応に反省し、ボリュームを落としたのだった。
 その試食会が功を奏したかどうかはわからないが、芸術祭のトロンボーン研究室の屋台はかなりの勢いで繁盛したのだった。
・・・つづく。

 昨日の天気予報では雨は降らないと言っていたから今日はしっかりと自転車に乗る準備をしてました。が・・・起きてみると雨。雨雲レーダーを見ても、しばらくは断続的に降るみたいで、「あーあ今日は乗れないな」と早々に諦めました。
 先月から少しづつ読み進めていた本を読み終えることが出来ました。「辻」 古井由吉・著 新潮文庫です。「いや~難解・・・難解・・・」 ほとんど意味がわかりません。田中慎弥さんの「犬と鴉」に匹敵するほどです。
 一つ思ったのは老いていく人間の心の推移が時空を超えて表現されていくということかな。わずかにストーリーがわかったのは最後の短篇の「始まり」という話だけでした。著者の古井さんはドイツ文学者であり外国の詩文の研究の専門家なので、日本語で書かれている小説ではありますが、どこか外国文学を匂わせる筆致なのかな・・・って知ったげですね。私。
 「イヤ~苦労しました・・・この本。」 今月1冊目でした。
20200305ttt1.jpg


月の終わりに2月

 今月最後の休日を過ごしています。今日は夜まで雨が降らないということだったので、DSに跨りポタリングしました。そのことは少しだけ最後に書くこととして、まずは今月を振り返っておきます。
 最初に自転車活動。月間走行距離は212.58kmに終わりました。ポタリング出来た日が5日だったからその割には距離が伸びたと思います。先月末に宣言していた、遠征と江田島ライドは実行に移せず・・・とほほ。来月からは気候的にも暖かくなるだろうし、一緒に走ってくれそうな人も見つかったのでロードバイクを出してロングライドといきたいものです。
 次に読書。こちらも進捗があがらず・・・これまた、トホホ・・・今読んでいる、「辻」古井由吉・著 なんですが、飛ばし読みせずにしっかりと咀嚼して進めていますが、ストーリーも掴みにくく、否ストーリーというくくりではなく、純文学としての矜持に読み手のこちらがついていけていないのが率直な感想です。しかしあともう少し、読み切ったらまた読感、記事にしますね。ところで著者の古井由吉さん、先日18日に82歳の生涯を終えました。著者の作品を読んでいる最中の訃報に少し驚いてしまいました。
 そして、創作小説。 ポタリングの記事に絡めていきなりスタートしました。実は結末を考えておらず、物語がどう転がっていくか自分でもわかりません。なんとかひねり出して書いてみますので暖かい目で読んでみて下さい。
 最後に写真散歩。月の初めの頃に三原市で開催される、伝統行事の神明市(しんめいいち)に行ってきました。ちょうど新型コロナウィルスのニュースが出始めた頃で、人ごみに行くことを躊躇いましたが、実行に移しました。人の多い場所での写真撮影は構図的に制限がある(肖像権)ので気を使います。この神明市は「だるま」が主人公なのでそういったカットの写真が出来上がりました。来月はなに撮ろうかな~ 桜は外せないし・・・

20200228ssf1.jpg

 今日のポタリングで狙ったのは鳥です。 実は前々から野鳥撮影をやってみたかったのですが、長いレンズを持っていないので、この写真は32mmの単焦点で撮ってます。寄れないですね・・・・でも野鳥撮影って楽しい~ ちょっと力入れてやってみたくなりました。

走行距離・・・37.18km  最大心拍数・・・120

 そんな感じで2月も終了・・・ 今月もお付き合い頂きありがとうございました。(ーー゛)


久しぶりのロードバイク

 「ノズル~次、Bオケだよ。一度合わせておこうよ」 1年生の紅一点、立野 桐が声をかけた。入学から半年が経ち、背丈の高さからという安易な理由でノズルはバストロンボーンを吹いていた。3・4年生のオーケストラの授業がAオケと呼ばれ、1・2年生のそれはBオケとなる。この時期の課題曲はブラームスの交響曲1番だ。この交響曲、4楽章にトロンボーンのコラールがある。この楽器の特徴に二つのものがあって、一つは純正律が奏でられるということ。三和音、例えばドミソと鳴らす時にピアノを使って鳴らすと平均律になる。ドミソのミの音を若干低く音程をとると和音の響きが格段によくなる。楽器の構造がスライドで音程をとるトロンボーンはそういった微調整が出来てしまうのだ。さらに音域が人の声に最も近いので、その二つの特徴から合唱のバックで和音を鳴らすことが得意なのだ。
 「キリちゃん、ちょっと待って・・・ウォーミングアップがもう少しなんだ。」「わかったよ。先にスタジオ行っとくね」 このキリちゃんと呼ばれる立野は群馬県出身で良くも悪くもズバズバと物を言う、サバサバとした性格だ。そろそろ同級生の性格もわかってきて、一緒に行動することも多い。スケールをロングトーンした後、リップスラーで唇をほぐす。日によって調子の良し悪しはあるけれどこのルーティーンは高校時代から変えていない。「そろそろ、行くか」
 3号館の地下一階にある研究室から上階にあるオーケストラスタジオに向かう。廊下では様々な楽器の専攻生が各々に音出しをしていた。スタジオの大きな扉を開くと弦楽器の方々が無秩序に音出しをしている。トロンボーンが坐するのは雛壇の上の方の指揮者に向かって左側だ。しばらくすると今日指揮を振る教授が入ってこられ指揮台にたった。それと同時くらいにあちこちで鳴っていた音や止み、オーボエがAの音を伸ばす。それを頼りにチューニングが始まる。適当な時にそれは終わり、指揮者が指揮棒で譜面台を三度、コンコンコンと鳴らし、「じゃー頭から行ってみよう!」と交響曲は流れ始める。つづく・・・



 今日、明日で連休を頂いた。明日が雨予報なので今日はなんとしても乗ろうと起きてすぐに支度を済ませ、ほぼ一年振りにロードバイク、エモンダに跨る。これから春に向かって絶好の自転車シーズンを迎えるので、今まで乗っていなかったロードバイクも今年は乗ろうと決心しているところだ。いつものコースでタリーズに立ち寄り、珈琲を飲んだ後、ネコモト二葉店さんへ寄って、電池切れになってたサイクルコンピューターの電池交換とついでに2年替えていないタイヤのチューブを交換し、さらに各部の増し締めと注油をしていただいた。作業を待っているあいだ、オーナー婦人にお相手をしてもらい、終わったので支払いをカードで済ませ店を出る。見違えるように走行感が良くなったのでやはりプロだなと感心した。

 いつものBコースを走りながら思わず鼻歌が出そうなほど天気が良い。多くのランナーがジョギングをしている。ハーレーダビットソンの専門店の横を通ると数人のバイク仲間が楽しそうに談笑していた。これからの季節、モーターサイクルもいいよねなんて思いながら、また川沿いの道を流す。今日は珍しく、野鳥に出会わない。チャンスがあればと少し長めのレンズ、32mmの単焦点を付けて来たのだが・・・・
 そろそろ腹に何か入れておこうとランチ場所を思案した。手作りサンドウィッチの店は祝日休みでインド料理のガネーシュは窓際の席が埋まっていた。「まぁー今日はエモンダなので駐輪にも気を使うな・・・」とコンビニで山賊むすびと特茶を買い、自転車の傍にしゃがんでみっともなくランチした。するとトレックのプロチームのレプリカジャージを着たいかにも山に強そうな体形のローディーが横にこれまたトレックのロードバイクを止めた。あまり目も合わなかったけれど、「こんにちは!」と声をかけるも薄く会釈を返してもらうだけだった。
 そのローディーよりも先に出発したけれど、途中であっという間にチギられた。「まぁーそうなるよね」と心で呟く。しばらく走り、手作りソーセージの店に立ち寄って、生ソーセージを一つ買って今日の目的地へと向かう。

20200224aic3.jpg

 ここは広島造幣局。私は一度も中に入ったことがない。大阪の造幣局の桜の通り抜けと同様、広島支局構内の一部を、八重桜を楽しむ人々のために見頃にあわせて1週間ほど開放する。「関山」「松月」「普賢象」など一般的な八重桜から、「大手毬」「紅手毬」など他ではあまり見られない珍しいものまで約60品種・220本が見事に咲き誇る。大半は遅咲きで、大きな花びらは八重桜ならではの風情がある。開催期間は3月中旬頃に決定する。

 今年はここに写真散歩に来ようかな・・・

走行距離・・・44.42km   最大心拍数・・・124








広島陸軍被服支廠

 よく晴れた4月のある日、入学式を終えたノズルはカリオンの前で同級生達と一緒にスタートしたばかりの学生生活を待っていた。色々な楽器の研究室の上級生がプラカードを持って新入生をつれて部室というか研究室へと先導している。すると向こうから決して笑ってはいない、むしろ怖い顔をして2年生の玉井と柳元がノズル達に近づく。「全員揃ったか。これから研究室へと案内する。ついてくるように・・・」トロンボーン研究室は3号館という建物の地下一階にある。地下一階には他にも木管楽器や金管楽器の研究室が並んでいた。鉄製の扉を開けて中に入るとカーテンを閉め切ってタバコの煙が充満している決して明るい雰囲気の場所ではない所にソファーとテーブルがあり、一番奥のソファーには恐らく4年生であろう方々が怖い顔と雰囲気でどっかりと座っていた。「じゃー一人ずつ自己紹介をしてもらう」「まず2年生が手本を見せるからな」 「長野県出身~! 諏訪南高等学校卒業! 玉井光太郎!よろしくお願いしま~す!」 と体が反り返るほどの大声で手本を見せてくれた。「よし!右の背の高いお前から!」 ノズルの緊張はMAXに達していたがもうやらないという選択肢はない。「山口県出身・・・植野高等学校・・・」「声が小せえ!もう一度初めから!」両側に座っていた3年生から喝が入る。今出る最大級の声で「山口県出身! 植野高等学校卒業!田上ノズルです。よろしくお願いしま~す!」「よし!次!」
 一年生5人の自己紹介が終わったところで、突然奥のカーテンが開き、両側に座っていた上級生が一斉に立ち上がり、持っていたクラッカーを鳴らした。ノズル達は一瞬何が起きたのかわからなかったが、今まで隠していた最大級の笑顔で「入学、おめでとう~!!!」と場の雰囲気は一変したのだ。どうやら最初の怖い雰囲気はわざとでサプライズだったのだ。これからの学生生活が明るく照らされていくようだった・・・・つづく

 車の屋根には昨日降った雪が申し訳なさそうに少しだけ積もっていた。広島市内平野部では今季初積雪ということだ。路面はすっかり乾いていて、何の遠慮もなしに愛車の8・5DSでポタリングに出発したのだった。いつもとは違う道筋で平和公園近くのタリーズへと向かう。原爆ドームの前で少しだけ驚いたことがある。観光客がほとんどいないのだ。この度の新型コロナウィルスの影響だと即座に思った。恐らく全国どこの観光地も閑散としているのだろう。 タリーズで少しゆっくりしてから進路を東にとり、「タージ海田店」へと向かう。食べ始めてしばらくはいつも店内にかかっているヒンドゥー語のBGMがなく、なんとなく寂しい。いつも通り開店したばかりで店内には自分しか居らず、店員は提供後、スマホをいじっている。 
 今日は最近、解体か保存かで議論が始まった、広島陸軍被服支廠(ひろしまりくぐんひふくししょう)へと行ってみることにした。この建物、レンガ造りで建築物としての希少性も高く、被爆建物で爆心地から離れていたのでほぼそのままの形で現存している。かなりの敷地面積があり、全部で4棟ある建物のうち、3棟は県が、もう1棟は国が管理している。耐震化がされておらず、最近になって「解体の方向で・・・」となっていた。しかし、多くの市民から全棟を保存して欲しいという声があがり、議論が始まった所だ。この建物は戦前に軍都であった広島において軍服や帽子などを製造していた。まじかで眺めると原爆の爆風で曲がったままの鉄出窓がいかにも生々しい。広島市内にももうほとんど被爆建物が残っていない現状を思うと、この建物は一棟でもよいから保存して欲しいと個人的には思う。
20200218jqp1.jpg
 現在も、建物内部へは入ることは出来ず、中の様子はわからない。もし一棟でも保存するならば、中に珈琲を飲めるスペースや戦前の様子を学べるような展示物をしてはどうかと素人考えには思う。

走行距離・・・36.54km   最大心拍数・・・116


ありがとう!タケちゃん!

 田上ノズルは50歳手前で背丈のある男である。ノズルの前半生は人と比べるならば少しばかり奇異といえるかもしれない。多くの若者がそうであるように「若気の至り」という時代があった。勉強はいくらかは出来たがお調子者でいて、人気者ではなかった。友達も多くは居らず、どちらかというとクラスの隅に居るような言えばマニアックな友人が数人いただけだ。それなりに勉強もしていたので高校受験はさほど苦労もせずに第一志望の学校へと入学することが出来た。ここまで書くと、高校でも部活動には所属せずに帰宅部で家に帰るとマンガとゲームに陶酔したと想像されるかもしれないが、意外にもあるきっかけでブラスバンド部に入部したのだ。つまり青春を謳歌していた。高校3年の春、好きだった同じ部活のトランぺッターに告白し見事にフラれ、そろそろ卒業してからの進路に悩み始めた頃、何を見誤ったのか、「音楽の専門の学校へ行くと!」と大きく宣言してしまった。当時の担任は「音楽では飯は食えないからヤメておけ・・・」とやんわりと進路変更を勧めたのだが・・・   つづく・・・


 私が働いている店舗の常連で武村さんという齢80を超える老人がいる。私や私の同僚は親しみを込めて「タケちゃん!」と無礼をする。この老人がとにかくスーパー老人で、いまだに個人経営の電気工事をバリバリと営んでいる。店に来る老人客はそのほとんどが軽く介護が必要なほどタッチパネルの操作が出来なかったり、車の運転が覚束なかったりするのに、この「タケちゃん」はまったくもって頭もしっかりしていて体も元気!会話もスムーズなのだ。先日、その「タケちゃん」に腕輪念珠を頂いた。「オトシンは自転車に乗るだろうから、安全祈願の為に腕に巻いておきんさい」「こんな高価なもの頂けないよ~」と一度は断った。「その念珠は正覚院という真言宗の寺院のもので良いものだから・・・」 「ありがとね。自転車に乗る時にして走るわ」
 久しぶりのポタリング。今日の目的地はその「正覚院(しょうかくいん)」としよう。 起きてすぐに路面状態をチェックしたら、かなり濡れていて、ちょっとDSで出るのは憚られたのでマッドガード付きのFXに空気を充填した。モーニングコーヒーは前回、とても美味しかった「珈琲屋」を予定してさっそく出発した。ボチボチと西へと走り、珈琲屋の前に到着。すると「わちゃー店休日かぁ~」「残念!まぁー珈琲は飲みたかったので近くのコンビニへ寄ろうっと」そう思って最初のセブンイレブンに入り、ホットコーヒーのレギュラーサイズを注文した。nanacoで「ピッ」とやったあと店員がレシートを渡そうかどうしようか迷っていたので、こちらが手を出すとひっこめてみたいな・・・頭の中で「じゃんがじゃんが」とアンガールズが踊ってしまった(笑)
 再び走り出すとパチンコ店の入り口にいた警備員が大きく背伸びしてあくびをひとつしていた。信号待ちで止まっていると、近くの高校の女学生がランニングをして連なってきた。その彼女達に道路の向こう側の園児達が「ガンバレ~お姉ちゃん、ガンバレー」と目一杯の声を張り上げていた。その声援に一人の学生が照れながら手を振って答えていた。こっちまでほっこりとさせてもらう。
 さて、そんな道中を進むとやがてこんもりとした山の上に目的の寺院を見つけた。前日に調べていたので車でも上がれる裏手の道を自転車を押しながら上まで登ることが出来た。ちょうどいい場所に駐輪して、徒歩で本堂へと近づく。この正覚院、すぐ横には廿日市天満宮という神社もあって、まずはそちらでお参りをさせて頂いた。
20200213cvb1.jpg

 神社の境内は敷地は狭いが展望が開ける場所に屋根とベンチを備えていて、そこに座り、しばし遠くの景色を眺めて黄昏た。遠くに世界遺産の厳島も見えてなかなかの展望だ。

20200213cvb2.jpg

 社務所の窓口に一匹の猫が日向を浴びながら番をしているようでとても微笑ましい。。。寺院にまわり、そちらでも手を合わせた後、裏手にある楠木の巨木を仰ぎ見ながら、「ここは素晴らしい!」と思わず声が出そうだった。

 帰る頃には路面は乾き、気温も上昇しているようで、ネックウォーマーはもういらなかった。

走行距離・・・37.09   最大心拍数・・・120 

PS・・・今回の記事、前半はフィクションです。